最後の最後に再確認!賃貸物件の契約内容

敷金は、修繕費用に利用されるためのお金であり、担保金のように利用されています。

敷金をおさらいしておく

所有物件に住んでいるのであれば、何かの機会で退去することになるでしょう。
通常は、自分の意思から出て行くものであり、その後、オーナーがリフォームすることになります。
しかし、その場合、時に誤解が生じ、トラブルに発展することがあります。
最近では、賃貸物件の中には、ゼロゼロ物件というものがあります。
これは、敷金と礼金がない物件であり、その分、初期費用が安くなります。
人気物件となることもあり、すぐに人が埋まってしまう可能性があります。
しかし、中でも敷金は、意外に大切なお金である可能性があります。
なぜなら、担保金のようなお金だからです。
先にオーナーのリフォームについてお話しましたが、通常、リフォーム用の積立金を用意しているようです。
仮にこれで足りないような時、さらに、それまでの入居者が傷つけたと判明した場合、敷金が充当されます。
差額が戻ってくることもあれば、そうでない時もあります。
あるいは、余計に支払いを請求されることもあります。
状況次第で、変わって来るお金でもあるようです。
しかし、賃借人としては、担保金としての認識が薄く、時にトラブルとなり、最悪、少額訴訟に発展することもあるようです。
もっとも、少額訴訟では、和解になるケースが多いようですが、それでも、コストが掛かるため、できれば、避けたい事態でしょう。
敷金に関しては、誰のお金であるのか、いまだに争いがあるようです。
このため、確実なことは、判明していない面がありますが、少なくとも、担保金であるという認識は、賃借人側でももっておくことが大事でしょう。
また、敷金は、原状回復のためのお金でもあり、このサイトの冒頭でも言及しているように、国土交通省では、ガイドラインを公開しています。
そのため、賃借人も賃貸人も、原状回復の範囲を確認できるようになっています。
賃貸を利用する前に、確認しておくことも無駄にはならないでしょう。
いずれにしろ、敷金は、担保として利用され、いざという時のお金のようです。
仮にそれがない場合、修繕費用を全額自己負担する場合もあります。
最初に費用が掛かりますが、それを鑑みれば、納めておいた方が、安心感があるお金かもしれません。
なお、ペット可物件では、敷金が高めの傾向があります。
その点を承知しておくことも、大事になるでしょう。
一般的には、1から2ヶ月程度、多いようです。
仮に家賃が10万円であれば、20万円程度まで初期費用が増えることを認識しておくべきかもしれません。