最後の最後に再確認!賃貸物件の契約内容

不動産屋も、ビジネスをしているため、必ず仲介手数料を請求することになっています。

不動産屋にもビジネス

購入でも賃貸でも、必ず関わる業者があります。
それが不動産屋になるでしょう。
全国レベルのようなところであれば、物件数も多く、希望の間取りなどの物件を簡単に見つけることができるかもしれません。
しかし、今でも地域限定の不動産屋もあり、そういうところには、全国レベルでは見つけられないような物件が隠れている可能性もあります。
しかし、不動産屋もビジネスをしているため、それなりの収益をえる必要があります。
そのため、必ず仲介手数料が掛かるようになっています。
不動産屋の主要な業務が、不動産仲介業です。
必ず宅建資格者が関わるようになり、重要事項の説明などをする必要があります。
大きな会社であれば、5人に1人が宅建資格者であるようです。
しかし、小さな会社であれば、社長一人が資格所有者であることもあります。
いずれにせよ、不動産専門家である宅建資格者が仲介を行うことが、法律で求められています。
また、仲介手数料は、購入物件であれば、購入価格の数パーセントとなっています。
このため、物件価格によって、不動産の取り分も変わって来るようです。
一方、賃貸物件に関しては、通常1ないしは2ヶ月程度の仲介手数料です。
これは、家賃によって変わり、なおかつ、物件によっても、変わって来るものです。
しかし、必ず支払うお金となっているため、その点については、十分認識しておくことが大事です。
なお、不動産屋を探すことは、物件検索でもあります。
賃貸物件であれば、特化した雑誌などがあり、新聞の折り込み広告も該当します。
該当のものを自分で見つけ、申し込みをします。
その場合、間取り図などをしっかりチェックし、必ず見学をすることをわすれないことです。
見学時には、間取りの確認とともに、住まいの状況なども、きちんと自分の目で見ておくことでしょう。
なおかつ、不動産屋の担当者が同行します。
実物を見ながら、しっかり質問をし、疑問が解決するまで、尋ねることも大事です。
なお、一説によれば、賃貸物件においては、夜にも見学すべきとのことです。
特に、集合住宅であれば、夜の方が生活状況を把握できるとのことです。
中には、夜に見学し、室内で横になり、しばらく時間を過ごすようです。
そうすることで、夜の時間帯の生活状況を体で覚えることができ、住みだしてから後悔が少ないことが多いようです。
特に、騒音に関しては、意外なところから聞こえて来ることがあります。
これもまた、大事なチェックポイントになるでしょう。