最後の最後に再確認!賃貸物件の契約内容

賃貸物件においては、保証人を立てなければならず、今では代行会社を利用する人も増えています。

従来と今時の保証

ローンを利用する際、信用審査が行われることは、すでに指摘したところです。
それに似たように、入居資産も、賃貸物件では行われています。
また、信用審査においては、状況次第で申請時に保証人を付けるようになります。
賃貸物件の場合、必ず保証人を付けるようになります。
通常、賃貸物件における保証人は、連帯保証となっています。
これは、契約者と連帯して債務を負うことを意味します。
仮に契約者が家賃滞納を続けた場合、賃貸人は連帯保証人に請求することができます。
連帯保証人は、そういう請求を断ることができて、早急に支払いをすることになります。
しかし、求償権があり、連帯保証人は、支払ったお金を当の契約者に請求することができます。
これは、民法上の規定に基づいているものです。
しかし、今では、人を保証人とするのではなく、会社が保証人となるものがあります。
これは、保証代行会社を意味し、会社が人に代わって保証するようになります。
賃貸人にとっては、確実に家賃を得たいため、保証代行会社でなければ、入居させないところがあります。
また、賃借人でも、核家族化が進んでいるため、親類などに保証を頼めない人も増えているようです。
そのため、代行会社を利用する人も増えているようです。
仮に保証会社を利用するのであれば、審査を経る必要があります。
ローンの信用審査に似たようなもので、収入などを調べられることになります。
このため、審査に通らなければ、入居ができない可能性があります。
この点を十分認識しておくべきでしょう。
また、保証会社を立てるのであれば、別途保証金を支払うようになります。
物件によって金額が変わりますが、概ね数万円程度となっています。
これについては、不動産屋に尋ねることが、大事になるでしょう。
いずれにせよ、保証人も、大きな変化を迎えているようです。
親類との間にも、人間関係がないために、頼めない人も増えているようです。
おそらく今度も、この傾向が続いていくと考えられます。
なお、法律上、保証には、連帯のほかに、単なる保証があります。
これは、連帯よりも緩やかであり、債権者から請求されても、まずは当人に請求するようにと、抗弁できます。
賃貸では、あまり一般的ではないですが、知っておくことも大事なように思います。
仮に保証を人に頼むであれば、できる限り、信頼できる人が望ましいでしょう。
中には保証人として適切でないと判断される場合もあります。
その点も、重々理解しておくべきでしょう。