最後の最後に再確認!賃貸物件の契約内容

賃貸物件においても、ローンのような信用審査が行われているようです。

賃貸でも信用審査

ローンを利用したことがあれば、審査を経験していることでしょう。
信用審査となっていますが、収入や資産状況などを審査され、それで問題がなければ、融資を受けるようになります。
審査基準は、金融機関によって異なるようですが、概ね複数の申し込みがあったり、過去の事故歴などがあれば、審査に通らないようです。
実は、賃貸においても、こういう審査があります。
入居審査と言われていますが。
ローンの信用審査に似ています。
収入はもちろん、資産を調べられ、家賃支払いが可能であると認められれば、審査に通るようです。
基準としては、一年の家賃が年収の30パーセント程度までということです。
新貸金業法が施行されていますが、総量規制と似ている面があります。
しかし、一説によれば、年収が少なくても、資産が十分であれば、審査に通るようです。
たとえば、年収が200万円程度でも、貯金が300万円程度あれば、十分な賃貸物件もあるようです。
もっとも、当の物件によりけりであり、貯金があっても、家賃が高ければ、審査に通らない可能性があります。
このため、物件選びも、できれば、収入を鑑みたものであるのが、ふさわしいでしょう。
実際、家賃を払い続けるのが、賃貸での最低条件でもあります。
このため、まずは、家賃がどれくらいであるのかが、重要になります。
現在では、こういう入居審査が行われるのが多いようです。
かつてであれば、大家さんの独断で、入居が決まることもありました。
もちろん、今でも、そういう個人で賃貸を行っているような物件があります。
したがって、全国レベルのような不動産屋ばかりでなく、地方に根ざした不動産屋で物件を探すことも大切です。
一般的には、個人経営のような賃貸物件は、地域に根ざしているケースが多くなっています。
また、入居審査と家賃滞納履歴をタイアップさせようとの動きがあります。
貸し主からすれば、確実に家賃を得ることを期待しています。
そうであるからこそ、賃貸を営んでいるのでしょう。
しかし、諸々の理由で、家賃滞納を続けている人がいます。
そのため、滞納がひどい人をリスト化することで、確実に信頼できる人を選ぼうとの意図のようです。
しかし、議論の余地があるため、確実に決まったことではないようです。
仮に正式に採用されるようであれば、金融にまで影響するため、種々の問題が出てくることは、確かなようです。
いずれにせよ、今の時代であれば、入居審査が行われるのが、当然のようです。
できれば、十分な収入などを得てから、入居審査に望む方が適切であるのでしょう。