最後の最後に再確認!賃貸物件の契約内容

賃貸もまた、契約関係であり、債権法の規定なども適用されています。

なにはともあれ契約

日本も、契約社会になったことは、多くの人が納得することでしょう。
明治時代以降にヨーロッパから輸入され、今では、定着した感があります。
しかし、完全に欧米型の契約ではなく、考え方を取り入れ、それと日本の習慣などが融合し、独特の契約社会を形成しているとも言えます。
そんな状況であるため、いろいろなところに契約が浸透しています。
代表的なところでは、労働であり、仕事もまた、労働契約に基づいたものです。
雇用形態によって契約内容が異なりますが、契約が関係を築いていることでは、変わりはないようです。
また、保険も、契約に基づいたもので有名です。
むしろ、契約が保険という言われがあり、契約で認められないものは、保障されないというのが、保険でもあるようです。
賃貸もまた、契約に基づかれたものです。
賃借人と賃貸人が契約を結び、金銭対価でもって、所有物件を利用することになります。
家賃を支払い続けることが、それに該当し、今でも更新時期になれば、更新料を支払うことになっています。
もっとも、更新料については、争いがあり、今のところ、裁判所でも最終的な見解を出していないようです。
いずれにせよ、賃貸は契約に基づかれたものであり、金銭による関係となっています。
しかし、家賃を滞納し続ければ、賃貸人は強制退去をすることができます。
あるいは、金銭関係であることは、債権と同様であり、民法上の債権法が適用されます。
債権者には、種々の権利が認められ、必要によっては、債務者の財産権を代わって行使できます。
これは、ローンなどでも該当することであり、家賃はまさにローン返済に似たようなものです。
しかし、あくまで不動産を対象とした金銭関係です。
単なるお金の貸し借りとはことなることは、当然のことでしょう。
それを表すかのように、賃貸物件では、原状回復が問題になります。
これは、該当の賃貸物件を居住可能な状態に戻すようなもので、賃貸人にも賃借人にも、求められるものです。
状況によっては、賃借人は修繕費用などを支払うようになります。
いずれにせよ、賃貸も契約関係です。
個別の契約事項があり、その中で種々のことも決められています。
中には、特約を付けることができ、保険のような契約を結ぶことができます。
しかし、特約を付けるには、合理的な理由があったり、あるいは、賃貸人と賃借人の合意などが、必要とされています。
以前は、ペットを飼う場合、あるいは、体の悪い高齢者と暮らす場合などに、利用されたようです。
いわば、特殊な事情がある場合に、特約を必要としていたようです。